〒105-8321 東京都港区芝浦 1丁目16番10号
03-6453-7300
03-6453-7311

愛育病院

文字サイズ

-

+

愛育病院のご案内

sample

母子に関する最高の医療を

sample
センター所長 中林 正雄
 愛育病院は、現天皇陛下の御誕生を祝して、昭和天皇よりの御下賜金をもとに、悲惨な当時の母子保健の改善向上のために、昭和9年創設された恩賜財団母子愛育会が出発点になり、 昭和13年に設立されました。その後、昭和54年国際児童年の記念事業において、母子保健に関する医療指導、研修等を提供する施設として、 当時の厚生省の指導の下に愛育病院を含む総合母子保健センターが設置されました。さらに平成11年東京都より総合周産期母子医療センターに指定されています。 このように、当施設は日本の母子保健の発展に貢献すると共に、母子に関する最高の医療を提供するように日夜努力して参りました。
 今後も、安全で且つ快適な出産を目標とし、胎児から新生児、乳児を含めた小児期全般に関する一貫した管理と治療、 思春期から女性の経年的変化に合わせた保健指導と医療に関して全職員心を合わせて取組んで実績を上げていきたいと思っております。

伝統的な愛育のこころを継承するために

sample
院長 岡井 崇
 当院の基本理念は「母と子への安全で快適な医療・看護の提供」です。そのために常に質の高い医療水準を保ち、かつ社会のニーズに応える病院でありたいと願っています。 当院では伝統的に丁寧な育児指導と、妊婦さんの主体性を大切にする分娩サポートを行ってきました。 一方、ハイリスク妊娠・分娩の増加や未熟児医療など社会のニーズに応じて、総合周産期母子医療センターとして、LDR室やNICUを整備し、麻酔分娩の導入、小児外科の開設、 地域医療施設との連携を目的としたオープン・セミオープンシステムや助産師外来の導入など、母子医療の安全性と快適性の確保に努力して参りました。このような母子医療の充実に伴い、 30年来の南麻布の建物が少し手狭になってきましたので、このたび港区のご支援を得て、JR田町駅に隣接する芝浦に新病院を開設することになりました。
 新病院では、従来の診療科に加えて、小児集中治療室(PICU)や女性専用の人間ドックなども新設されますが、長い伝統により培われた“愛育のこころ”を大切にしながら、 皆様のニーズに応える母子医療を推進する所存であります。この新病院は将来の日本の周産期医療・母子医療の方向性を示すモデル病院となるものと自負しております。皆様方には本事業の趣旨をご理解いただき、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。